ヘッダー

 

歴史

大阪形成外科医会誕生の経緯

 平成7年春の日本形成外科学会総会の懇親会の折り、薄先生から「大阪の形成外科医が集まってざっくばらんに話をする機会がないことや、他科医師の保険審査による不合理性を是正するため、大阪府医会連合に加入し大阪府医師会へ働きかけるために形成外科医の集まりを作ろうと思うが、君が連絡係になってくれないか」との話がありました。その後平本先生から資料や御助言をいただき、6月16日に天王寺の料亭に有志が集まり、京都や兵庫の形成外科医会の会則や案内を参考にして医会発足の骨子が作られました。その後府内の病院で、形成外科医が二人以上診療している施設のチーフや開業医の先生に連絡をとり、7月22日に大阪警察病院の講堂において発足準備委員会が開かれました。医会の開催の要項や会則などの案が検討された結果、平成7年9月30日(土)に北浜の第一製薬の会議室にて、第1回大阪形成外科医会総会が開催されることになりました。その後、日本形成外科学会の生涯教育に認定してもらうためには、業者との共催では良くないとのことで第2回総会からは、主催は大阪形成外科医会とし、会員からの会費と各企業からの協賛金で開催費などを賄うことにして現在に至っています。
(前田記)